即日治療の終わるコンポジットレジン

投稿者: | 2019年8月28日

少し前からなんとなく歯が痛む気がして、評判の根管治療を東京で探してみること鏡で覗き込んでみたところ奥歯に小さく黒い穴のようなものがありました。これは虫歯ができてしまったのかな、と歯科医院にかかることにしました。先生からは、目視の時点で「虫歯ですね」と言われてしまいましたが、内側で大きくなっていないかを確認するためにもということで、レントゲン撮影も行うことに。東京の口コミで歯医者をおすすめすると結果大きなものではないとのことで、コンポジットレジンという治療をしますと言われました。コンポジットレジンとは、虫歯の部分を削り、削った部分にレジンのペーストを入れ、光を照射して固めるものだそうです。一般的に歯科医院で言われる「プラスチックのつめもの」とはこれのことだそうです。久しぶりの歯科で緊張していましたし、相変わらず麻酔や歯を削るあの機械の音や振動は嫌〜なものでしたが、怖がる私を気遣ってか、神戸で口コミの小児矯正を探すなら先生がこまめに声をかけてくださったのでだんだん力が抜けて行きました。小さい虫歯でしたのでそんなに時間はかからずに削ってもらうことができ、そのあとは正直拍子抜けするほどあっという間でした。噛み合わせの確認をし、少し変な感じがすると伝えたところまたつめものの部分を少し削って調整をしてくれました。そのあとは違和感もなくなり、今も快適に噛めています。プラスチックと聞くと弱そうな感じがしてしまいますが、今は材料も進化して、昔より長持ちするようになってきているとのことでしたのでありがたいです。