奥歯の詰め物が欠けてしまい、慌てて歯科医院に電話しました

投稿者: | 2019年8月22日

夕食後に、デザート代わりにチョコレートを食べていたら、東成区でも今里の歯医者ならここと石の粒を噛んだような感触がありました。石の粒(と思われた物)を口から出して見ると、米粒程度の白い物で、一瞬チョコレートに異物が入っていたのかと思いましたが、次の瞬間、上の奥歯の一つが小さく欠けていることに気が付きました。近くの神戸で小児矯正を探すなら痛みなないものの、もうチョコレートどころではありません。翌朝すぐに行きつけの歯科医院に電話をかけ、その日の夕方、何とか診療をしてもらえることになりました。歯が欠けた!と大慌てでしたが、歯科医院で診ていただくと、歯の詰め物が欠けただけということがわかりました。歯科医院の先生の判断で、大掛かりに削って被せ物をするよりは、詰め直して様子を見ましょう、ということになり、治療はその日のうちに完了しました。歯医者を東成区で探すとどうしても奥歯は力が入りやすいところなので、新しく詰め直してもまた欠けてしまう可能性があるそうですが、被せ物をすると歯を削ることになるので、なるべく避けたいということでした。私が子供の頃は、虫歯ができたらすぐに削って詰める、という治療法でしたが、最近はできるだけ削らずに様子を見る、という考え方になっているようです。東成区でも今里の歯医者なら経過を見るために、3ヶ月後の予約をとって帰ってきましたが、大事にならなくてホッとしました。